「京都舞コーンスープ」を今年も販売

【京都発!若者が農業の人口激減を食い止める!舞妓さんのようにまっしろなとうもろこしを活かしたスープ/local news/京の食】

農業の衰退が呼ばれる中、「農業をカッコよく」をスローガンに20~30代の若手が中心となって働くロックファーム京都と石井食品が協同で「京都舞コーンスープ」2年目の取り組みをスタートしたようです。2020年の販売時には、1分間で500袋を記録するほどの人気商品だそうです。

初めの出会いは、九条ねぎ。2年前に飛び込みでオファーし、農業の可能性への探求心と従来の枠組みにとらわれない姿勢に共感し、取り組みをスタート。京都舞コーンスープの商品化に到ったみたいです。

とうもろこしは皮で包まれている分、成熟の見極めが難しく収穫のタイミングはわずか5日間。さらに一粒でも虫食いがあればお客さまの元には届けることができず、畑の肥やしにするしかありません。「希少性の高い京都舞コーンを5日間以外の日も味わってもらいたい」「無駄にすることなく有効に使いたい」という思いから、生産・加工・流通を掛け合わせた六次化で商品を展開したようです。

2年目の取り組みとして、よりおいしく味わってもらう・原料廃棄をなくすことを目指し、収穫からの日数・製造方法を見直し研究を重ねました。材料は、京都舞コーンと素材と甘さを引き立てる塩のみ。石井食品の得意とするガス窯の強い直火を使った短時間調理を活かしました。さらに京都舞コーンの芯の部分を利用し、さらなる甘味と風味を引き出し、まるでフルーツのような甘さのスープが味わえるそうです。

京都舞コーンとスープを味わうセット:4,800円(税込・送料無料)
京都舞コーンスープに、今しか味わうことのできない人気の京都舞コーンをセットにしました。京都舞コーンは生
のまま召し上がるのがおすすめ。糖度が非常に高く、フルーツのような甘さです。スープは冷製でもお楽しみいただけるため、涼を感じる夏ギフトにおすすめです。
(セット内容)
・京都舞コーンスープ・・・5袋
・京都舞コーン 本体・・・3本

■ロックファーム京都公式HP:https://rockfarmkyoto.co.jp
■オンラインショップ :https://rockfarm.thebase.in

2021年5月27日RT(6)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15