西陣織織元が運営するギャラリーがオープン!

【京都・西陣に【榎邸ギャラリー】グランドオープン!〜浮世絵で全国を旅する〜『岡本辰春 新浮世絵作品展』/ニューオープン/京都・四条大宮】

2021年7月1日(木)、西陣織の織元・岡文織物株式会社が、本社屋である「榎邸」内に、個展や発表会などに活用できるギャラリースペース『榎邸ギャラリー』をオープンするようです。

7月1日(木)〜7月7日(水)までの7日間は、オープニングイベントとして現代の浮世絵師として京都を中心に活躍している新浮世絵師・岡本辰春の個展『岡本辰春 新浮世絵作品展〜全国津々浦々 令和の新名所を描く〜』を開催するそうです。

今回の作品展『岡本辰春 新浮世絵作品展〜全国津々浦々 令和の新名所を描く〜』では、そのシリーズ中で既に完成している5作品と、江戸浮世絵職人の伝統技術で本格木版画化した4作品の初出展を含む全20作品を展示するみたいです。

『岡本辰春 新浮世絵作品展〜全国津々浦々 令和の新名所を描く〜』
日時:2021年7月1日(木)〜7月7日(水)
開場時間:10時〜17時

会場:榎邸ギャラリー
住所:京都市上京区姥ヶ榎木町843番地 岡文織物(株)内
料金:入場無料
※コロナ対策で予告なく入場制限をさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
その他:作品直売コーナー、DVD作品集の販売を予定
URL:https://www.rokumonjiya.jp/enokiteigallery

2021年6月10日RT(12)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15