紗帆MRI検査に行く②「磁場発生中」

赤いランプが点灯した。
ランプを見ると急に不安になる。途中で起きてしまって泣いていないかな・・・起きたら誰か気付いてくれるかな。
30分後、そんな心配は必要なく無事に検査を終えた紗帆が検査室からベッドに乗せられたまま出てきた。紗帆はまだ熟睡したままで一旦病室へ戻る。看護師さんからの説明では16時くらいまでに起きれて水分が取れて少し何か食べれれば今日は帰っても大丈夫だと思いますとの事。今の時間は14時。あと2時間後には起きてくれるかな。
15時「紗帆・・・お~い」声を掛けてみるがピクリともせず紗帆は熟睡中。
これ起きれるかな?睡眠導入剤効きすぎちゃったかな。。。とちょっと不安になる。

とそこへ、今回担当の先生が紗帆のMRI画像の説明に来てくれた。
先生「いい情報と悪い情報があります」
私「え・・・悪い事もあるのですか?」
紗帆「グッゴゴッゴー、グゥゴー」いびきをかきだした。
先生「紗帆ちゃんの脳自体のシワというのは2歳当時のMRIより増えてきていますね」
「これは、いい事です。」「ただ・・・脳自体の大きさ頭蓋骨に占める割合がこの通り脳の周りに白い部分が見えますが、この部分は脳が大きく成長していなくて水がある状態ですね・・・。特に前頭葉辺りで顕著に見られます。」
私「先生、前頭葉はどのような働きをするのでしょうか?」
先生「主に人間の高度な機能の部分を司ります。感情のコントロールだったりもそうですね」
私「このまま進むとどうなるのですか?」
先生「このまま萎縮が進むのか、どうかはわからないですし、何とも言えないですね。。。」

他にも主治医の先生は色々説明をしてくれているが、頭には入ってこなかった。
このまま萎縮が進行すれば感情のコントロールが出来なくなるのだろうか、紗帆の笑顔が見れなくなる日もくるのかな・・・。
紗帆はまだ爆睡中。ほっぺたをペチペチしながら「紗帆~!起きてやぁ~」
ようやくうっすら目が開いて、ジーっと見つめてくれる。
さっきの会話を聞いていたのか、ゆっくり口元がゆるみ・・・・ニンマリ笑顔。
「紗帆ちゃん頑張ったね」
「おうちに帰ろう!」

(谷岡哲次)

◆詳しくはバナーをクリックしてホームページをご覧ください。

◆記事に対するコメントはメールでお願いします。
info@slocalnews-kyoto.jp

2021年7月19日RT(415)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15