風味にこだわった宇治茶リキュール

【日本屈指の茶師、日本酒蔵元、バーテンダーなど京都の匠が集結し開発/local news/京都の食】

「宇治茶」の風味に徹底的にこだわった、宇治茶を100%使用したリキュールが開発されたようです。

全国大会優勝茶師や名酒蔵元など京都の匠が集結、洋酒のプロであるバーテンダーと一緒にオリジナルレシピを作り、開発したそうです。 何度も試作を重ね、3種の「宇治茶」を100%使用し、贅沢な旨味、清涼感のあるリキュールが完成。独特のコクや苦みのバランスも楽しめる「京都の匠」の逸品みたいです。

〇商品名:
 KYOTO CRAFT UJI-CHA LIQUEUR(京都クラフト宇治茶リキュール)
〇品目:
 リキュール
〇アルコール度数:
 25%
〇初回製造本数:
 900本
〇特徴:
独自の配合比率で煎茶、玉露、碾茶の宇治茶葉をアルコールに漬けこみ抽出。加水工程では、佐々木酒造の仕込み水で丁寧に抽出した宇治茶を加えることで、厚みのある味わいに仕上げ、ごく微量の柑橘を加え絶妙な風味のバランスを実現。

販売サイト
クラウドファンディングMAKUAKE
URL:https://www.makuake.com/
※マクアケでの先行販売終了( 10月下旬頃)後、11月頃に京都府内のバー等にて取扱予定です。
商品について

2021年10月3日RT(67)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15