古都をいろどる「紅葉のお菓子」

【期間限定|京都の秋を想わせる、紅葉の和菓子/local news/紅葉ニュース/京都】

創業1803年の京菓子「鶴屋吉信」が、深まる秋をいろどる紅葉をテーマにした和菓子の数々を販売しているようです。

●「工藝菓 秋襲(あきがさね)」
https://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/g/g113/
紅葉の”かさね”の美しさ。秋の陽を透かして色鮮やかに輝くかえでの葉を羊羹であらわし、丁寧に炊き上げた風味豊かな小倉羹(おぐらかん)と透き通る琥珀羹(こはくかん)の二層羊羹にとじこめ、奥行きある紅葉の情景を表現。あっさりとした甘さは、少し渋めのお茶にもよく合います。
販売期間:10月16日 〜 11月30日
お取扱い店舗:本店、直営店、各百貨店売り場
公式オンラインショップ
価格:1棹 1,296円
お日保ち:20日
特定原材料等28品目:乳成分、大豆

●「つばらつばら 紅葉パッケージ」
https://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/g/gGRP150/
もっちり・しっとり美味しい焼皮生地に小倉あんをはさんだ、人気の焼菓子「つばらつばら」の秋限定、紅葉パッケージです。紅葉がはらりと舞う包装は秋らしく、お詰合せにお使いいただくのもおすすめ。
販売期間:発売中 〜 11月30日頃
お取扱い店舗:本店、直営店、各百貨店売り場
公式オンラインショップ(早期終了)
価格:1個 195円〜 各種お詰合せ
お日保ち:8日
特定原材料等28品目:小麦、乳成分、卵

●「京の秋(きょうのあき)」
https://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/g/gGRP730
色づく秋をあしらった、食べきりサイズの羊羹。吉野葛を使用したなめらかな食感の二層羊羹に、紅葉型のようかんをこめて。ほのかにひそませた紅茶の風味とともに。
販売期間:10月16日 〜 11月30日
お取扱い店舗:本店、直営店、各百貨店売り場
公式オンラインショップ
価格:1個 324円〜 各種お詰合せ
お日保ち:60日
特定原材料等28品目:使用なし

●「生菓子 綾錦(あやにしき)」
WEB取扱不可
紅葉に紅く染まる京の山々。綾をなす織物、錦の織物のような、鮮やかな風景を繊細なきんとんで表現いたしました。粒あん入り。
販売期間:10月16日 〜 11月15日
お取扱い店舗:生菓子取扱店舗
価格:1個 432円
お日保ち:製造日より3日
特定原材料等:使用なし

●「生菓子 竜田(たつた)」
WEB取扱不可
万葉集にも詠まれた紅葉の名所「竜田川」の、色づく紅葉をこなしで表現いたしました。こしあん入り。
販売期間:11月 1日 〜 11月15日
お取扱い店舗:生菓子取扱店舗
価格:1個 432円
お日保ち:製造日より3日
特定原材料等:小麦

●「生菓子 遠紅葉(とおもみじ)」
WEB取扱不可
遠くの山々が紅葉に染まる、晩秋の風情をきんとんで表現いたしました。粒あん入り。
販売期間:11月16日 〜 11月30日
お取扱い店舗:生菓子取扱店舗
価格:1個 432円
お日保ち:製造日より3日
特定原材料等:使用なし

2021年10月26日RT(143)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15