冷やしみたらしと老舗醤油の焼きおこげ

2021年に京都市右京区に誕生した醤油スイーツの店「Key Stone」が、京都で140年余り続く老舗醤油屋「澤井醤油本店」の二種類の醤油を使った瓶入り「冷やしみたらし」と香ばしい食感の「老舗醤油の焼きおこげ」を新たにオンラインショップで販売をスタートしたというニュースです。

■食べ歩きにも最適、澤井醤油の二種類の醤油を贅沢に使ったこだわりの「冷やしみたらし」

創業140余年の老舗、澤井醤油の二度熟成醤油を使用し、隠し味にも澤井醤油の人気醤油を使用。醤油の特徴を最大限に活かす様に、温度や材料の合わせ方などバランスよく味を整える事にこだわったようです。この2種類の醤油の組み合わせが他にない、良い塩梅の冷やしみたらしのタレになりました。また、冷やしても固くならない白玉を使用、冷やしても柔らかモチモチ食感のお団子に絶品みたらしたれをたっぷり付けて楽しめるそうです。

●冷やしみたらし(オンラインストア)3個 1,100円 (税込)

■人気の二度熟成醤油を使用し、香ばしい食感に焼き上げた逸品「老舗醤油の焼きおこげ」

澤井醤油の二度熟成醤油を前面に出し、最大限に旨味を引き出した焼きおこげです。二度熟成醤油は塩分濃度の低い醤油なので、醤油風味は濃厚ですが後味はやさしい甘みを感じます。一度食べるとクセになる味です。サクッとした歯ごたえに、広がる香ばしいこげた醤油の香り。歯ごたえ、最後の味の余韻、醤油感にこだわったおこげせんべいみたいです。

●老舗醤油の焼きおこげ(オンラインストア)1袋 400円 (税込)

■澤井醤油本店

創業は明治十二年、京都の御所から徒歩5分程度に位置する「澤井醤油本店」。建物は、京都市と国から景観重要建造物に指定されています。醤油造りは国産の原料と木の桶・大きな釜をはじめ昔ながらの道具を使い、頑固に守りつづけた味を口伝で伝えています。

■KeyStone/レオニダス京都西京極店 について
住 所 : 京都府京都市右京区西京極町ノ坪町25サンフローネ川宗1階
営業時間 : 月〜金 10:00~19:00、土 10:00~18:00、日・祝 10:00~17:30
定休日 : 不定休
●ホームページ・オンラインストア
https://keystone-sawaishoyu.com
●Instagram
https://www.instagram.com/keystone_leonidas/

2022年11月7日RT(21)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15