フライドチキン専門店のしばタルバーガー

京都発のフライドチキン専門店「ミセスリンダのフライドチキン」が、京都東山で三姉妹が経営する小さな町のパン屋さんとコラボした「しばタルバーガー」を2022年11月22日(火)より新発売するというニュースです。

<ミセスリンダのフライドチキン>
京都錦市場の西側に2022年1月にオープンした「ミセスリンダのフライドチキン」。ビブグルマン5年連続獲得したセクションドール永松シェフ監修のもと20数種のオリジナルブレンドスパイスのクラフト・フライドチキン専門店。「おじいちゃんもお子さまも笑顔で食卓を」をテーマに、国産銘柄鶏を使用し、下処理後6時間以上独自の調味液に漬け込み、加熱にはスチームオーブンを使用することで、表面が カリッと中身がジューシーな仕上がりが実現。特にむね肉は、しっとりとした食感とケミカルな食べ疲れがなく女性や年配客にリピーターが急増中。「なぜか1回目よりも2回目が美味しく感じ、3回食べると病みつきになる」そんなフライドチキンと評判です。

<新メニュー開発の経緯>
「ニッタベーカリー」のオリジナル食パンを使用した具沢山の食パンバーガーを11月22日(火)より新発売。「ニッタベーカリー」は、東山で三姉妹が経営している小さな町のパン屋さん。テレビ「セブンルール」にも出演した三女の里奈さんは、学生時代運営元の居酒屋「あんじ」でアルバイトスタッフとして活躍。上記永松シェフも同系列店にて初代料理長として立ち上げから活躍してくれていました。いわゆる在籍店OB & OGとの共同開発メニューになりました。

<新メニュー特長>
小さめのサイズに焼かれた食パンで、クラフト・フライドチキンを具沢山のソースで挟み込んだハンバーガーです。ソースの種類は4種類。京都らしさと食感のアクセントがクセになる「しば漬けタルタルソース」・トマトたっぷりの「ポモドーロ(トマト)ソース」・オリジナル「カレーソース」・「コールスローソース」。肉系バーガーにはない具沢山の食べるソースをイメージしたハンバーガになりました。ごはん派には、リンダ定食も用意しました。

<キャンペーンについて>
発売日より先行して、11月19日(土)〜12月25日(日)の期間中、店舗インスタ・フォロー&「いいね」のお客様から抽選で10名様に「お好きな食パンバーガー単品を一つ」プレゼント。

<新メニュー価格>(税抜)
コールスローバーガー  650円
カレーバーガー     680円
ポモドーロ(トマト)バーガー 760円
ポモドーロチーズバーガー   820円
しば漬けタルタルバーガー   820円
しばタルチーズバーガー    880円
ポテトセット(ポテト+ドリンク)340円。ドリンクセット200円など
ドリンクセットにプラス100円でアルコールに。(指定メニューより)
リンダ定食(イートインのみ)チキン2ピース。ソース4種から1つ 900円
リンダ定食・大(イートインのみ)チキン3ピース。ソース4種から2つ 1,173円

<店舗概要>
店舗;ミセスリンダのフライドチキン
住所;京都市中京区高倉通蛸薬師下ル貝屋町558-1
電話; 075-255-6157
公式HP;  https://ml-chicken.com/
営業時間; 11:00 〜 21:30(L.O. 21:00)

2022年11月21日RT(8)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15