アートの視点から大学や地域を捉える


【local news/京都・堀川御池/芸術だ!/美術展】

1月12日(土)から2月11日(月・祝)の期間、中京区にある京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)で「状況のアーキテクチャー展」が開催されるそうです。

本展では、大学の移転へ向けた「仮設避難所」を@KCUAに出現させるようです。視覚情報だけでなく、聴覚やあらゆる身体感覚に作用する空間は、《物質》《生命》《社会》を巡るさまざまなファクターを星座のように結びつけ、多角的な思考を促す「多感覚的な鑑賞と参加の場」になるみたいです。

【詳細情報】
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
京都市中京区押油小路町231-8
http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20190112_id=12812#ja

2019年1月12日RT(42)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15