大丸京都店で『どんぶりグランプリ』


【今回は、過去最大32種類のどんぶりを販売!/locaal news/京の食/京都・四条烏丸】

5月29日(水)から6月11日(水)の期間、下京区にある大丸京都店で「第12回どんぶりグランプリ」が開催されるようです。今回は、過去最大32種類のどんぶりを販売するそうです。人気企画、土日限定の豪華どんぶり『ド!丼―ン!』や、何が出るかはガチャ頼み・平日限定、税込600円でチャレンジできる『ガチャ丼』も登場!!。有名老舗・名店から人気の中華まで、毎日でも楽しめる自慢のどんぶりが勢揃いするみたいです。

『ド!丼―ン!』
●6月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)、土日限定販売
●各日各売場5個限り(1個、約2~3人前)各税込2,500円
※土日限定のオーダー、オーダー後に調理

↑<京のお肉処 弘> ステーキ3種盛り合わせ丼
サーロインステーキ、ミスジステーキ、牛トロステーキを豪華に盛り合わせました!

↑<銀座ハゲ天>初夏の華味天丼
車海老2尾と穴子、甘長唐辛子、3種かき揚げ、半熟玉子、空豆をゴマ油が入ったハゲ天オリジナルの天ぷら油でカラッと仕上げました。

↑<札幌かに家>かにちらし梅 タラバ棒肉が入った豪華ちらし寿司!

平日限定企画『ガチャ丼』
●5月29日(水)~31日(金)・6月3日(月)~7日(金)・10日(月)・11日(火)
●地階四条西入口特設売場  
●各日先着30名様限り(一人1回限り) 1回税込600円
何を食べようか迷ったら600円を握って『ガチャ丼』に挑戦!何が出てくるかはお楽しみ!!ガチャ1回で、どんぶり大集合コーナーに並んでいるどんぶり1個が当たります!
※「100円クーポン」対象外です。
※どんぶりはその場で引き換え。

老舗・名店から専門店まで、各店自慢のどんぶりを紹介!

↑濃厚なくみあげ湯葉と初夏の野菜をこだわり出汁でリゾット仕立てに。
<京都吉兆>からすみと汲み上げ湯葉の和風リゾット(1個)税込1,944円

↑定番の出し巻玉子と鱧の唐揚げに、照りだれは梅風味。
<下鴨茶寮>鱧と出し巻の美味どんぶり(1個)税込1,080円

↑京風出汁たっぷりの出し巻きに夏野菜入りあんかけをかけました。
<錦平野>だし巻きのあんかけ丼(1個)税込756円

↑人気の焼肉&ハンバーグ、弘特製コロッケ、自慢のミンチカツものせて。
<京のお肉処 弘>弘の贅沢どんぶり(1個)税込1,080円

↑ 豚ロースの塩ダレ丼を、とろろでさらっとお召し上がり下さい。
<とんかつ まい泉>豚ねぎ塩とろろ丼(1個)税込696円

↑大豆や豆腐、押し麦などをブレンドした雑穀ごはんで糖質控えめに。
<日本のさらだ いとはん>糖質27.6gローストビーフの山椒サラダごはん(1個)税込691円

↑蟹玉、八宝菜と人気商品の油淋鶏が入った盛りだくさんの丼です。
<上海デリ>贅沢天津中華丼(1個)税込756円

↑葱・生姜、にんにくなどの薬味をじっくり炒めて香りを出してから調味料を加えて丁寧に味付けしました。
<チャイナチューボー>夏野菜入り塩中華丼(1個)税込702円

↑京風だし、塩こうじ、西京味噌の3種類の鶏唐揚げと、鱧大葉巻きの唐揚げをトッピング
<揚小路>鶏三昧と鱧大葉巻き丼(1個)税込928円

↑丹後伊根ブリをたっぷり使ったどんぶりです。
<京の加悦寿司>伊根ぶり丼(1個)税込980円

↑ 炭火で焼き上げた香ばしいうなぎ蒲焼きに、とろろと薬味を合わせてさっぱりと。
<近江今津 西友>うなとろ丼(1個)税込1,404円

↑人気の鶏つくねのハンバーグを炭火焼で仕上げ、とろり玉子でまろやかに。
<正起屋>彩り野菜のとりたま丼(1個)税込702円

↑銀鮭、イクラ、海老、しらす、ネギトロなどの海鮮をトッピングしてヘルシー&がっつりに!
<京樽>海鮮サーモンサラダ丼(1個)税込800円

↑ビンチョウまぐろ、キハダまぐろ、本まぐろの赤身、本まぐろの大トロの4種をトッピング。
<中与志>4種のまぐろ食べくらべ丼(本まぐろ大トロ入りまぐろ丼)(1個)税込1,200円

↑脂ののった鯖を香ばしく焼いて、大根おろし、青葱、スダチ、ポン酢でさっぱりと。
<喜与丸>焼サバのさっぱり丼(1個)税込1,080円

【詳細情報】
大丸京都店
https://www.daimaru.co.jp/kyoto/
京都市下京区 高倉西入立売西町7

2019年5月22日RT(41)

Deprecated: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/slocalnews/www/slocalnews-kyoto.jp/wp-includes/functions.php on line 4773
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。