つなぎ、つたえる「人」と「家」


【美術館「えき」KYOTOで婦人画報創刊115周年記念特別展/local news/芸術だ!/京都・京都駅 】

2020年1月2日(木)~20日(月)の期間、美術館「えき」KYOTOで婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」が開催されるようです。

明治38(1905)年の創刊以来、「婦人画報」がとりわけ大切にし、誌面で紹介し続けてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けてきた、京都の「人」と「家」だそうです。

本展覧会では、京都13家より、「人」が手掛けた作品や「家」に伝わる宝物など約80点を、当時の取材記事と共に鑑賞できるそうです。

ギャラリー・トークなどのイベントも開催。また、会場エントランスにて、1月2日~5日の4日間のみ池坊専好次期家元監修による、いけばな作品の展示もあるようです。

【詳細情報】
美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
京都市下京区 烏丸通塩小路下ル東塩小路町

2019年12月3日RT(58)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15