バターサンドクッキー

バターサンドクッキーが

白く塗られた木のワゴンにのっかってた

アルバイト先の社内販売

淡いブルーの包装紙に小さな赤枠ラベルのシール

“500円引き!”

「今日が賞味期限です。自分へのご褒美に!」

ご褒美かあ…

バターサンドクッキーよりも

その言葉に心が立ち止まって

「洗い物を手伝ってくれた、ごほうびよ」

「おしいいお茶を淹れてくれた、ごほうびよ」

「肩をたたいてくれた、ごほうびよ」

「あら、100点!めったにないから…」

子どものころは、ご褒美をたくさんもらえたのに

自分が買った自分へのご褒美は

500円引きが後押ししてくれたから

高カロリーだし、二つと決めてたのに

もう一つは…

大人になってからのご褒美は

いつの頃からか、お砂糖の甘さだけになった

「ごほうびよ」

もう一度聞きたいな

―春風ー

2021年3月24日RT(67)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15