まだ夜が明けぬ4時のラヂオ

目覚まし時計に励まされて
硬いベッドを抜け出す
まだ夜が明けぬ4時

ラヂオを持ち電源をオンにして
暗い階下へと
ゆっくり降りてゆく

昼間は春だというのに
陽が昇らない時刻の台所には
まだまだ冬が居座っている

ガスコンロに火を宿し
青白い炎で暖をとる

「今朝は、世界三大喜劇王、チャップリンの言葉を…」
夜明け前にふさわしい低くて静かな声が
ラヂオの中でささやく

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇だ」

蛇口から続く一筋の冷水を両手に留め
左右の瞼をしばらく浸す

「死と同じように避けられないものがある。
それは生きることだ」

両の手と瞼が感じる心地良い冷たさ
意識が少しずつ覚醒する

「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ」

まだ夜が明けぬ4時のラヂオ

「下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ」

顔を上げ、手を広げ、手拭いをつかむ

―春風―

2021年5月4日RT(63)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15