かめおか保津川エコna川下り

【京都・保津川の漂着ごみの現状を視察/京まち見聞録/京都・亀岡】

保津川遊船企業組合が、2021年6月20日(日)までの期間、亀岡市から京都・嵐山まで流れる保津川の漂着ごみの現状を視察する「かめおか保津川エコna川下り」を実施するようです。

亀岡市は、この海洋プラスチックごみ問題に際し、2018年に亀岡市議会において、地球規模の問題となっている海洋プラスチック汚染の解決に向けて取り組み「2030年までに使い捨てプラスチックごみゼロを目指す」ことを目標とした『かめおかプラスチックごみゼロ宣言』を打ち出したそうです。

■保津川下りの船頭たちの取り組み
その市の宣言のきっかけは、2004年ごろから保津川下りの船頭たちが保津川峡谷の自然景観を守るべく、ペットボトルやレジ袋、発泡スチロールなど、漂着するプラスチックごみを清掃していたことに始まります。この清掃活動が多くの市民の目に止まるところとなり、市内の人々、環境保全のNPOやNGOなど他府県の人々からも協力の輪が広がったみたいです。

■保津川の漂着ごみの現状を保津川下りの船に乗って視察するツアーついて
保津川の環境や漂着ごみ・プラごみの現状を視察する期間限定エコ船川下りは、通常の保津川下りの乗船料が4,100円のところ、このツアーはなんと2,000円です。(参加対象小学生以上)

期間  :4月10日(土曜日)~6月20日(日曜日)。
参加条件:小学生以上の方(小学生の方は保護者同伴、お子さん1名につき大人1名)。
時間  :10時から13時(集合時間9時30分)
集合場所:保津川下り乗船場2階
ご参加いただいた方にはもれなく保津川をイメージしたお菓子をプレゼント!!(パティスリーペルルの焼き菓子)。

お申し込みは、希望実施日の2日前・午後16時までに、電話またはネットからご予約下さい。
https://www.hozugawakudari.jp/ecotour

2021年5月17日RT(13)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15