八幡まるごと館たより【3回目】

 『また、養和のころとか、~二年が間、世の中飢渇して、あさましき事侍りき。或は春、夏日照り、或は秋、大風、洪水などよからぬ事どもうちつづきて、五穀ことごとくならず。~』
 五大災厄の中の1181年から2年と続いた養和の飢饉を。長明27歳でした。

想像もできないようなひどいことが起こりました

 春から夏にかけて極端な少雨で旱魃、日照りで田畑の作物は全て枯れ、かと言えば秋には大風に大雨で大洪水に。米も穀物も全く収穫できない、惨憺たる状態でした。こういう飢饉が二年間続いたそうです。

養和の飢饉

 『~国々の民、或いは地を捨てて、境を出で、或いは家を忘れて、山に住む。さまざまの御祈りはじまりて、なべてならぬ法ども行はれるれど、さらにそのしるしなし。』
 食べ物が全くありませんから、ある者は先祖代々の土地を捨て諸国を放浪し、ある者は家を見捨てて、山の木の実等をあてに山に住んだと言います。様々なお祈りが行われても効果はありませんでした。

地方が頼みの綱

 『京のならひ、何わざにつけても、みなもとは田舎をこそ頼めるに、たえて上ぼる物なければ、さのみやは操もつくりあへん。~』
何事にも、物資の供給源はすべて地方からでしたが、送られて来ないために、恥も外聞もなく、家財道具や財物を安く売って米を手に入れようとしますが、かなわないことでした。結局、お金より粟が貴重に。

声ならぬ声を聴く

 『乞食、路のほとりに多く憂い悲しむ声、耳に満てり』
 そんな時、長明は自分で歩き、乞食が道路のはしに大勢集まって、声さえ出せずに悲しむ、苦しむ姿を自分の眼や耳で受けとめているように見えます。声が聞こえなくなっても悲しむ声が耳の底に満ち溢れてくると。
 方丈記が完成したのが1212年、この飢饉は1181年のことです。実は、長明はこの時30年余り前のことを書いているのです。それくらい脳裏に焼き付けられた、心に刻まれた出来事だったのです。
 長明さんは教えてくれています。黙して語らない、語れない人の声を受け止める心の耳を持てと。声を出せない人の声を聴く。今のこのコロナ禍の時こそ、この心耳を、と思うのです。切り捨てられ、声を潜めて暮らしている人がいることは容易に想像できますから。

飢饉の背景

 飢饉の原因は異常気象という自然的要因だけでなく、当時うち続く源氏と平氏の争乱が常時ある中、田畑は荒れ果てて収穫どころではなかったといいます。民のことより自分が天下をとるということに血眼になっていた権力者たち。1185年には源氏の鎌倉幕府が成立しますが、全てが疲弊していたということです。

今も…

 今まで書いてきたことは800年余りも前のことですが、飢饉、飢餓は日本でも世界でも歴史上ずっと続いてきています。また、戦時中日本軍の進撃によって、何百万人もの中国・ベトナム・インドの人たちを餓死させたこともありました。
 現在、食料は全世界に均等に分配できる量は十分あるというのに、今も飢餓が。内戦等の争いや農業政策により、一方で有り余る食料と、一方で飢えという、とても不均衡な今の世界の中を、私たち全員が生きているわけです。
 そして今、コロナ禍です。過去の幾多の疫病時と同様に、昨年にはコロナ感染者であるからと攻撃の対象に。コロナ最前線で医療の仕事をされている看護師さんの子供には保育園に来ないでくれとか感染後住めなくなって引っ越したとか、等々枚挙にいとまがありません。また、職を失い、毎日の生活に事欠き、自ら命を絶つ人も。これは明らかにコロナ対策の指揮官が誰かわからない状況や無策が引き起こしてきた事柄ではないかと長明さんが生きていたら言うのではないか、ましてやオリンピックをするか、と。これを書いている時熱海の土石流で多くの方が犠牲に。不明な方が一人でも多く、無事でいらっしゃることを。

(八幡まるごと館 上谷順子)

◆記事に対するコメントはメールでお願いします。
info@slocalnews-kyoto.jp

2021年7月9日RT(100)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15
  • 北桑田高校校長・徳廣剛先生に聞く... 「動けば何かが変わる」「全員が主役」  7月の初旬、杉林に囲まれ自然の中でゆったりとした佇まいの木造の... 515件のビュー | July 11, 2021 に投稿された
  • 紗帆MRI検査に行く②「磁場発生中」... 赤いランプが点灯した。ランプを見ると急に不安になる。途中で起きてしまって泣いていないかな・・・起きたら誰か気... 152件のビュー | July 19, 2021 に投稿された
  • おもてなしのこころは『奉仕の心』...  「水を運び、薪をとり、湯をわかし、茶をたてて、仏にそなへ人にもほどこし、吾ものむ」。茶人で僧侶でもあった松... 150件のビュー | July 17, 2021 に投稿された
  • 希望と勇気、サムマネーがあれば!...  「人生なんて簡単さ」「3つのことがあれば生きていけるんだ」「希望とね、勇気とね、サム・マネー(幾らかのお金... 147件のビュー | July 9, 2021 に投稿された
  • 八幡まるごと館たより【3回目】...  『また、養和のころとか、~二年が間、世の中飢渇して、あさましき事侍りき。或は春、夏日照り、或は秋、大風、洪... 100件のビュー | July 9, 2021 に投稿された
  • ばっちゃんを裏切りたくないけん!...  「ばっちゃんと約束したし、よくしてくれるけん。僕、ばっちゃんを裏切りたくないけん」。ばっちゃんこと中本忠子... 98件のビュー | July 27, 2021 に投稿された
  • 優しさに触れたおはなし... 社会人になり3ヶ月。宣言解除に伴い満員電車はこれまでよりぎゅーぎゅーです。ある日、私は8月から職種の異動を告... 85件のビュー | July 20, 2021 に投稿された
  • かぁちゃん、行ってまいります!...  東映の戦後70周年記念作「おかあさんの木」(原作・大川悦生・2015年6月公開)。戦争末期に召集で戦地に向... 62件のビュー | August 4, 2021 に投稿された
  • 食品スーパー「パントリー」がオープン... 【食品添加物を極力使わない、本物の食品を届ける安心安全な食へのこだわり。/ニューオープン/京都・北山】 ... 53件のビュー | July 13, 2021 に投稿された
  • 京出汁おいなり釣狐祇園本店が開店... 【「嵯峨豆腐 森嘉」の油揚げを使用した“いなり寿司専門店”がオープン/ニューオープン/京都・祇園】 2... 26件のビュー | July 13, 2021 に投稿された
  • コロナ禍が分かつこと...  2021年7月31日、全国の新型コロナの新規感染者は1万2342人。新規感染者が1万人を超えたのは3日連続... 20件のビュー | August 1, 2021 に投稿された
  • 其中日記(九) 昭和十一年 七月二十二日 曇、晴、混沌として。 広島の酔を乗せて、朝の五時前に小郡へ着いた。恥知... 11件のビュー | July 22, 2021 に投稿された
  • 日本一高い京都市地下鉄という記事を読んで... ■ここ数日で気になったニュース 「日本一高い京都市地下鉄、値上げ視野 コロナで大幅減収」(京都新聞記事... 5件のビュー | August 5, 2021 に投稿された
  • 京都芸術大学学生の期間限定ショップ... 【藤井大丸にオープン!空間デザイン、販売商品すべて学生が手掛けました。/ニューオープン/京都・四条】 ... 4件のビュー | August 1, 2021 に投稿された