京都・コロナPCR検査の陽性率が3倍以上に

 京都府と京都市は2021年8月21日、男女計547人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。1日当たりの新規感染者が500人を超えるのは2日連続で、府内の感染者は計2万5246人になりました。

 感染者の居住地別は、京都市376人、宇治市28人、長岡京市20人、木津川市17人、向日市13人、亀岡市と京田辺市で各12人などです。

 京都府のホームページでは、PCR検査の実施・結果を公表しています。下記が8月20日の結果です。

2021年8月20日「PCR検査の実施・結果」最新

 注目すべきは、陽性率です。8月20日の陽性率は24.9%、直近1週間の平均陽性率は22.3%です。

2021年8月20日「PCR検査の実施・結果」累計

 累計の平均陽性率が7.1%ということを考えると、陽性の確率が3倍以上に跳ね上がっています。

2021年8月20日「最新の療養者の状況」

 政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」では、感染状況を示す4つのステージのうちどのステージにあるか判断するための新たな指標を示しています。「医療のひっ迫具合」「療養者数」「PCR検査の陽性率」「新規感染者数」「感染経路が不明な人の割合」の5項目で、「医療のひっ迫具合」には、「病床使用率」「入院率」「重症者用病床の使用率」の3つの項目があります。

 京都府の現状は、全ての項目において最も悪いステージで、爆発的な感染拡大が起き、医療提供体制が機能不全に陥る「感染爆発段階」になっています。

 緊急事態宣言に「またか」という思いを抱いている人が多いと思います。警戒感が薄れる中で、いろいろな数値は今までと比較できない程の「最悪の状況」を示しています。この事実を強く認識してください。

2021年8月22日RT(113)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15