原料丹後100%のクラフトビールを開発

【丹後地域の与謝野町産生ホップと京丹後の水を独自の製法で生まれた「TK100-セッションIPA」/local news/京都の食】

丹後王国ブルワリーが、丹後地域の与謝野町産ホップと京丹後の水で作る原料“丹後100%”のクラフトビール「TK100-セッションIPA」を開発、8月23日(月)より販売するようです。

「TK100-セッションIPA」は、生ホップのフレーバーを最大限に引き出しつつ、苦みを抑え、芳醇な香りとほどよい苦み、フレッシュな味わいが広がるそうです。アルコール度数も5%と低めで飲みやすさが特徴みたいです。

■ クラフトビール「TK100-セッションIPA」 概要

販売日:
2021年8月23日(月)

販売価格:
660円(税込)

特徴:
丹後地域の与謝野町産生ホップと京丹後の水を使った「セッションIPA」。
生ホップのフレーバーを最大限に引き出しながらも、IPA特有の苦みを抑え、芳醇な香りとほどよい苦み、フレッシュな味わいが広がる。またアルコール度数5%と低めに作られており、飲みやすさが特徴。

販売場所:
道の駅丹後王国「食のみやこ」お土産処 丹後匠庵
ECサイト 丹後王国こだわり市場(https://tango-kingdom-onlineshop.com/) 等

お問合せ:
丹後王国ブルワリー Tel 0722-65-4193

2021年8月24日RT(97)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15