京都・祇園発!女性に人気の生姜ぎょうざ

【今年の冬の手土産は「免疫力アップ生姜グルメ」がおすすめ!餃子専門店「ぎょうざ歩兵」の“生姜ぎょうざ”/local news/京都の食】

京都・祇園に暖簾を掲げる餃子専門店「ぎょうざ歩兵」は、2011年、わずか6席のカウンターから始まり、今年創業10周年を迎えたようです。創業から変わらぬ味で提供し続けている繊細な薄皮の小ぶりで上品なぎょうざは、舞妓さんや芸妓さんをはじめとする地元の人々から国内外の観光客にまで広く評判を呼び、累計販売個数60万皿を突破!女性に人気の生姜ぎょうざは、内30万皿を占めているそうです。

舞妓さんをはじめ女性に愛されるニンニク・ニラなし“生姜ぎょうざ”のヒットの秘密

京の夜の花街にはお酒に合うグルメがあまり売られていなかったことから、舞妓さん、芸妓さんの「ささっとつまめてお酒に合うおつまみが欲しい」「手土産に喜ばれる食べものがあったら」といった声を聞き、歩兵の“生姜ぎょうざ”は誕生しました。「餃子は好きだけど、においが気になるから食べられない」という舞妓さん、芸妓さんの声に改良を重ね、ミシュランを獲得したレストランで腕を振るったシェフが1年半かけて開発。自慢の生姜ぎょうざは、小振りで一口にさっと頬張ると、生姜の香りが口いっぱいに広がる、さっぱりと爽やかな味わい。季節の温度や湿度に合わせて素材を配合した繊細な薄皮が生み出すカリッと香ばしい小さな羽と、ふんわりと軽い食感に、思わず箸が進みます。においを気にせずに食べられることはもちろん、生姜のピリッとした刺激が効いているため、ニンニクとニラは一切使用していなくても不思議と物足りなさを感じないのも人気のヒミツです。

今年の冬の手土産は「免疫力アップグルメ」がおすすめ!体が温まる生姜がたっぷりの“生姜ぎょうざ”を大切なあの人に

コロナ禍において健康志向が高まっている今日、特に寒くなるこれからの季節は食べて体を温める“免疫力アップグルメ”への注目が高まっています。そんな中、生姜は体を温める食材の一つとして知られており、歩兵でも「生姜ぎょうざ」はコロナ禍で人気が高まっています。「生姜ぎょうざ」の購入比率はコロナ禍において10~20%増加、大切な人への手土産としても「生姜ぎょうざ」を購入する人が増えています。

●おすすめのテイクアウト・デリバリーぎょうざ
「生姜ぎょうざ」「ぎょうざ」 各1人前(16個) ¥1,000 税込 
にんにく・にら入りの「ぎょうざ」と、にんにくなしで生姜をたっぷりと使った「生姜ぎょうざ」。
*2人前からご注文いただけます。
*店舗により金額が異なる場合がございます。

●おすすめのお取り寄せぎょうざ(https://gyozahohei-gionhonten.com/
「生姜ぎょうざ」48個 ¥3,400 税込
にんにく・にらなし「生姜ぎょうざ」は、女性に特に人気の味。
キャベツ、白菜、豚肉のシンプルなあんに生姜をたっぷりと利かせ、あっさりと仕上げました。
内容量 :計576g、味噌だれ30g1本
*おいしい焼き方説明書入り *クール便にてお届けします。

店舗情報
店舗名:ぎょうざ歩兵 祇園本店
住所:京都市東山区清本町373-3
アクセス:京都市バス「祇園」下車/206系統京阪「祇園四条駅」 徒歩5分
https://gyozahohei.com/

2021年11月19日RT(253)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15